おしゃれで話題のレンタルオフィスって何?

レンタルオフィスのユーザーは若き起業家

レンタルオフィスのイメージと形態

レンタルオフィスのメリット

改めてレンタルオフィスのメリット・魅力について考えて見ましょう。なによりも小規模の企業・新規の事業者が利用できることです。
ビジネスの拠点としての都心の大型ビルにオフィスを構えられることは、フットワークという面で魅力的です。仮に都心に通常の貸事務所を借りようとすると、契約時にかなりの保証金などを用意しなくてはなりません。
その点、レンタルオフィスは利用権契約の場合が多いためか、審査が比較的楽でスピードも速いのが魅力です。急いで入居したい・保証人が用意できない場合でもオフィスを構えることができます。
また初期費用が少なくて済み、なおかつ退去時の費用も少ないのも魅力です。毎月の賃料は高めに設定されていますが、賃料には電気・水道・WiFiなどのネット費用も含まれているのが普通です。
将来的も事業の拡大縮小に伴って、オフィス自体の拡大縮小・同建物内での移動もすることも、レンタルオフィスの魅力です。

外資系企業の進出時のメリット

海外の企業が日本に初めて進出する場合、通常の貸事務所を借りようとするとどうしても連帯保証人などがネックになります。
その一方で法務局に法人登記を済ませ、いち早く法人名義の銀行口座を作ったり、固定電話を引いたりしたいと考えています。何よりも登記をすることで、企業内転勤という形で駐在員が日本滞在の長期ビザを取得することができます。
レンタルオフィスの多くは、連帯保証人無しで借りることもできますし、その住所に法人登記をすることも可能です。本格的な日本進出にあたって、市場調査・取引先との打ち合わせから始めるには当初は大きな事務所は不要ですが、企業として法的な形態を作っておく必要が出てきます。
入居に当たっては、事務所開設に当たるので税務署に開業届を出すことも忘れてはいけません。税金の問題なと後々トラブルになりかねません。


▲先頭へ戻る