おしゃれで話題のレンタルオフィスって何?

レンタルオフィスのユーザーは若き起業家

レンタルオフィスのイメージと形態

レンタルオフィスは起業したての会社のビジネス拠点として注目されています。月々の賃料は高めかもしれませんが、電気・水道・ネット環境の費用込み・費用が平準化し管理しやすい、法人登記もできるという、外資にとっても日本進出の拠点という意味でメリットがあります。

レンタルオフィスを借りるときの注意点

レンタルオフィスは、その審査が早く通りやすいと言われています。しかし、油断は禁物です。イメージだけで慌てて契約すると、いざビジネスを始めた時、ビジネスに必要な機能が備わっておらず業務に支障が生じます。 また常識的なポリシーを持っていないと、借りることもできません。

若き起業家向けの新しいオフィス

レンタルオフィスがオシャレだと思われるのは、他の業態のオフィスと混同している場合もあります。 広い意味でのレンタルオフィスであるコワーキングスペースが人気なのは、若い人たちが起業の志を持ってフリースペースで切磋琢磨する場所という、ポジティブなイメージが強いからでしょう。

ビジネス拠点としてのレンタルオフィス

レンタルスペースは大きなオフィスを細かく区切って、貸せる状態にしたというイメージがあるのではないでしょうか。
部屋のイメージとして設備・備品は別として、大企業の役員個室・大学の研究室を小さくしたというイメージでしょうか?部屋の中は1名から多くても6名程度、机にノートパソコン、最低限の書類しか置いていないという感じでしょうか?
共用部には、プリンタ・ウォーターサーバーが備え付けられていて、化粧室の多くは男女別、ロビーで来客者に待っていただき、解錠によって個室スペースに入ることができます。
サービスオフィスと言われている、一般的な期間貸しのレンタルオフィスの機能にコンシェルジュを配置し、受け付けや電話対応をしてもらえる、エントランスや会議室などの施設を充実させたオフィスもあります。
広義のレンタルオフィスとして、時間貸しオフィスやバーチャルオフィスもあります。
時間貸しオフィスは、1時間単位で利用できる、メールチェックやスケジュール調整をするビジネスセンター・フリースペースに近いイメージでしょうか?
バーチャルオフィスは、住所・電話所在の貸与、郵便物受領・転送などを行い、そこにオフィスがあるかのように対外的にPRするためのものです。従って実際にここで人が働いているわけではありません。
また似たような形態として、主に新規起業家向けのインキュベーションオフィス、個室をあえて持たないシェアオフィスやコワーキングスペースなどがあります。
広い意味でのレンタルオフィスはここ数年で多様な業態が生まれると共に、需要や供給も増加傾向にあります。

▲先頭へ戻る